特殊ディンプルキー

ホーム > ロングの防犯鍵の特長 > ディンプルキー
概要

現在主流となりつつあるディンプルキーとは異なる、弊社独自の特殊ディンプルキーです。ディンプル方式以外の従来品はキー列が1列で単純すぎ、また通常のディンプル方式は構造が複雑なために製造コストがかかり高値であることから、弊社では従来品とディンプルの長所を融合。

ディンプルキー概要 キー列を3列にし、キー穴の深さを変化させることにより、数億個の異なるキーを安価に製造・ご提供できるオリジナル特殊タンブラーを開発しました。

(特許取得済)

ディンプルキーのメリット

ディンプルキーのメリット 「ごみやホコリなどで開かなくなることがある」というディンプルキーの欠点も、シリンダー側のシャッター機構によりホコリなどを防ぐことで解決。また、キー穴違いは1億以上で、他の鍵屋さんでは複製不可能。紛失された場合は、個別にキーコードを管理している弊社のみで可能、マスターキーも作成できます。

ディンプルキーの仕組み

ディンプルキーの仕組み 通常のシステムは、シリンダー内部に板状のタンブラーが何枚か内蔵されており、タンブラーと鍵が一致することにより、シリンダーが回転し解錠できる仕組みになっています。そして、ディンプル方式では、タンブラー部分がピン状です。しかし、弊社のタンブラーは、板状かつピン状という独特の形状で不正解錠を困難にします。

トップへ 

シリンダー空回り機構 サムターン空回り機構 カム送り防止機構 鍵シャッター機構 特殊ディンプルキー 鍵の交換方法(Aタイプ) 鍵の交換方法(Bタイプ) 鍵の交換サービス ピッキングの手口と対策 サムターン回しの手口と対策 カム送りの手口と対策 生産システム これまでの製造実績